CEOメッセージ

気候変動が不可逆的に進行し、同時にグローバル社会全体が未曽有の経済変動に見舞われる中、エネルギー構造は加速度的に変化し続けています。我が国も決して例外ではありません。第二次世界大戦後に構築されたエネルギー巡る我が国国内の体制は早急な刷新を求められており、とりわけ液化天然ガス(LNG)については従来の思考の枠組みを大きく乗り越える大胆な発想に基づく刷新が求められています。

弊社はそうした中、特にLNGの分野で我が国が果たすべきグローバルかつ新たな役割に注目しております。京都府・舞鶴に全く新しいLNGハブ・ターミナルを建設・運営することで、LNGマーケットの中で従来の「受け身」であった我が国の立場を大きく乗り越え、むしろ積極的にそこでの役割を果たす中で未開拓のマーケット・チャンスを実現して参ります。さらにはその周辺を含めた地域経済の発展に向けた起爆剤ともなって参ります。

「未来志向のエネルギー革新、舞鶴から。(Realizing Future-oriented Energy Innovation from Maizuru.)」をミッション・ステーメントとして今後とも事業展開を鋭意進めて参ります。皆様、何卒宜しく御願い申し上げます。

京都舞鶴エナジー株式会社 取締役CEO 原田武夫

CEOの詳しいプロフィールはこちら(PDFファイル)

Climate never stops. The entire global community is facing unprecedented change of its economy. The energy structure continuously changes itself. In this context, Japan isn’t an exception at all. Her domestic energy structure since the end of WWII is urged to combat these new circumstances, and particularly in terms of LNG sector, Japan urgently needs to go far beyond the previous way of thinking for profound innovation.
KME intensively focuses on Japan’s new role in the global LNG market.

With a new LNG hub terminal to be operated in Maizuru/Kyoto, Japan, KME seeks a completely new business opportunity in both global and Japanese LNG market, and will enable Japan to overcome her previous, rather passive role in LNG sector. Relevant local communities are expected to effectively derive benefit from this project.
Our mission is “Realizing Future-oriented Energy Innovation from Maizuru”. We sincerely look forward to enjoying both active and effective participation of all the stake holders in this our project for the better world.

CV_Takeo HARADA_eng

Takeo Harada
Founder and CEO
Kyoto-Maizuru Energy Co. Ltd.